Posted on

納得できる家づくりが可能な注文住宅

注文住宅の最大のメリットはマイホームへのこだわりを実現できることです。すでに完成している物件を販売している建売住宅はデザインや機能が画一的な物が多く、住まいに個性を求める人には物足りない問題があります。注文住宅は建物のデザインや使用する建材の材質を建て主のイメージ通りに決めることができるので、理想のマイホームを建てる最適の方法と言っても過言ではありません。外観や間取りを自由に決めることによって他との差別化を図ることができます。家族の憩いの場にこだわりを持つことで愛着がわき、いつまでも快適に住むことが可能になります。

注文住宅の建設費が割高になる理由

注文住宅は似たような作りの建売住宅と比べると建設費が割高になるのが普通ですが、これは使用する建材の多くが特注品になるのが主な理由です。建売住宅が特定の規格に基づいて量産された建材を使うのに対し、注文住宅は設計した大きさや形に合わせてわざわざ建材を作成します。生産ラインを別に用意する形になるので、その分の手間賃が加算されるのが費用の高額化を招くと言えるでしょう。また、建設コンサルタントなどの専門家によるアドバイスや設計図の修正も建設費の高額化に繋がる理由です。注文住宅の建て主によっては家づくりの知識が乏しい人もいるので、建物の耐久性や法律で定められた制約を考慮してデザインを修正する必要があります。

安全で法律に抵触しない家づくりには専門家の助力が不可欠ですが、その依頼料で費用が嵩んでしまうのも事実です。

注文住宅は、施工までの間に営業担当者や建築士と複数回の打ち合わせが必要となるなど手間が掛かりますが、素材やデザインを重視して自分だけの家造りができるという利点があります。