Posted on

まずは住宅資金がいくら必要になるか計算しておこう!

住宅を建てるためには、頭金や購入するための諸費用が必要になりますが、こういった費用を住宅資金と呼びます。資金計画を立てる時は、まず住宅資金がいくら必要になるのか計算しておかなければなりません。貯蓄を住宅資金にあてる場合は、全てを使いきってしまわないように注意が必要です。住宅資金で貯蓄がなくなってしまったら、家を購入した後の生活ができなくなります。生活費などは別に計算しておき、差し引いて住宅資金を考えるようにしましょう。頭金は2割程度用意しておくのが一般的です。もっと少ない頭金でも家を建てることは可能ですが、ローンの借入額が増えてしまい返済の負担が大きくなるので注意しましょう。

資金計画は定年までの年数で計算しておく

住宅を建てる時は基本的にローンを利用することになります。一括で家を購入できる人はあまりいませんよね。そこで、返済計画もしっかり立てておく必要が出てくるのですが、基本的には定年までの年数を基準にしておくとよいでしょう。定年退職後も返済が続いてしまうと、老後の生活がかなり厳しくなってしまいます。そのため、定年までに住宅ローンを返済できるのが理想です。

しかし、無理して返済期間を短くするのはよくありません。返済期間が短くなれば毎月の返済額が高くなるため、返済に苦労することになります。毎月いくらの返済なら無理なく返せるか、その額で完済するまでに何年かかるかをしっかり計算しておきましょう。住宅ローンは繰り上げ返済することも可能なので、最初は余裕を持って返済期間を長くし、途中から繰り上げ返済するのも1つの方法です。

3000万の家はモダンでスタイリッシュなデザインにもできますし、和のテイストを追求した大人の住まいにもできます。