Posted on

オールマイティな整形地

土地探しをする際には、様々な形状の物件を目にすることになるはずですが、その中でも最も多くの人に人気があるのは整形地でしょう。整形地というのは、文字通り、形状がきれいな四角形になっている土地をいいます。必ずしも正方形とは限らず、なかには長方形のものもありますが、総じて家を建てやすいオールマイティな形状であるといえるでしょう。もっとも、その分、評価額も高くなる傾向があるため、少しでも安く土地を購入したいと考えている場合は、整形地に固執しない方が良いかもしれません。

ひと癖もふた癖もある不整形地

整形地ではない土地のことを、一般的に不整形地といいます。きれいな四角形ではないため、どうしても家を建てるには使いにくくなってしまうのですが、例えば十分な広さがあるような場合には不整形地であったとしても特に気にならない場合もあります。また、不整形である部分を活用して庭を設けたりといったこともできるため、工夫次第で整形地に勝るとも劣らない家を建てられる可能性があるというのも不整形地の魅力であるといえるでしょう。整形地に比べて、割安で取引されるため、リーズナブルな物件を探している方にもおすすめです。

意外と使い勝手の良い旗竿地

不整形地の中でも、道路と細い通路でつながっている土地を旗竿地と呼びます。旗竿地は、道路と2、3メートルしか接していないものが多いため、プライバシーを確保しやすいというメリットがあります。また、物件によっては通路上の部分を駐車場として使えるので、以外に無駄なく土地を利用できるというのも特徴です。

ミニバンでありながらも収納スペースが広いことで知られるランディですが、後方席にはタブレットを立て掛けることのできるパーソナルテーブルが設置されていることも人気を後押ししています。