Posted on

間取りの原案はどうやって決めるべきか

注文住宅を建てるときには間取りを決めることが必要です。土地が決まった場合や、土地の要件が定まった場合にはその土地に収まるように図面を引いて、どのような間取りにするかを書いていきます。原案を作って住宅業者と打ち合わせを繰り返し、最終的にこれにするという間取りに仕上げるのが一般的な流れです。このときに原案をどのようにして用意するかには二通りの方法があります。一つは自分で原案を作成して住宅業者に提示する方法で、もう一つは住宅業者に原案を作ってもらう方法です。このそれぞれについて特徴を理解しておきましょう。

自分で原案を用意する方法

自分で原案を用意する方法は住宅業者にイメージをはっきりと伝えられるのがメリットです。建築に関する知識が十分にないと実現不可能だったり、コストがかなりかかってしまう間取りになっていたりすることもあります。ただ、どういうレイアウトになっていて欲しいか、どれだけ部屋が必要かといったことが具体的に伝わるので、その後の打ち合わせでも納得できる仕上がりになる可能性が高いのが特徴です。

住宅業者に原案を作ってもらう方法

住宅業者に原案の作成を依頼すると図面を引く手間がかからないのがメリットです。希望を伝えておけば建築技術的に可能でコストもあまりかからないように合理的な形で間取り図を作ってくれます。希望に合わない場合には打ち合わせが長引き、何度も繰り返さなければならないこともあります。しかし、修正をする住宅業者も原案を自分たちで作ったのでスムーズに修正できる場合が多く、結果として全体的に短期間で完成まで到達できるのが一般的です。

自動車の工場が密集するなど、比較的、収入面で余裕があるとされる愛知県では自宅にこだわりを持つ人も多いです。自分らしい家にこだわることができる、愛知の注文住宅はそのような層に人気があります。