Posted on

おしゃれと快適の両立は難しい

家に対して憧れを持っている人は多いです。しかし、憧れだけで家を建ててしまえば、過ごしにくい家となり、快適さだけを追求すれば味気ない家となる可能性があります。おしゃれと快適さの両立は難しいので、実物を見て、専門家の意見も取り入れながら設計することが重要です。

どのようなおしゃれと快適さを追求したいのか考える

おしゃれで快適な家を実現したいのならば、まずどのような家をおしゃれだと感じるのか、どのような家を快適なものと感じるのかを考えることが重要です。人によって好みは異なります。洋風の家が好ましいと感じる人もいれば、和風の家が良いと感じる人もいます。また、広々とした空間を快適と感じる人もいれば、こじんまりとした空間や一人で過ごす空間があるほうが良いと感じる人もいるでしょう。まずはどのような家が良いかを考えます。

収納場所をしっかりと設ける

快適な家で重要なことのひとつが、収納場所をしっかりと設けることです。収納場所をあらかじめ設計していないと、おしゃれな家に後から家具を設置することになり、おしゃれさが軽減する可能性もあれば、設計とずれて快適さも軽減される可能性があります。

コンセントの位置と数

快適な家には、過ごす場所の目的や生活風景を思い浮かべて適切な位置にコンセントが設置されているものです。適切な位置にコンセントがなければ、無駄な延長コードにより、不便で見栄えの悪い家となるでしょう。

家族の人数と動線を意識

快適な家を建てるためには、家族がどのように過ごしているのかをしっかりと考えることが重要です。すべての活動がスムーズに行うことができる設計ならば、快適に過ごすことができます。

材料費・人件費・広告宣伝費そして諸経費を抑えることで坪単価を30万~60万円に抑えた物件をローコスト住宅といいます。キッチン等のグレードは低いですが安さ故の建て替えのしやすさが最大のメリットです。