Posted on

賃貸オフィス選びで重要となる条件

賃貸オフィス選ぶで重要となる条件はいくつかあります。その事業の目的や理由などが異なるので、一概にいうことができませんが、代表的なものとしては立地をはじめ、面積とオフィスのグレード、設備、予算などでしょう。駅からの距離はスタッフの通勤のしやすさのほか、来客のしやすさにも影響するので立地は重要です。面積も、広すぎれば予算の無駄となり、狭すぎれば仕事に悪影響を及ぼします。オフィスのグレードは、来客する客層によって適宜変えてイメージをよくする際に役立ちます。トイレや給湯施設、冷暖房などの設備は、快適な仕事には欠かすことができません。これらを考慮したうえで無理のない予算を組むことが最低条件です。

条件を決めて優先順位をはっきりさせる

賃貸オフィスを選ぶ際には、まずオフィスに求める条件をあらかじめ決めておくことが重要です。立地はどの程度の距離までがいいのか、予算はどの程度なのかといったことをあらかじめ決めて、そのうえでこれらの条件の優先順位を決めます。実際にオフィスを調べていくと、すべての条件を満たすような物件は少ないでしょう。どの条件を最も優先するのか決めておけば、スムーズに選ぶことができます。

不動産会社を比較する

不動産会社と一口に言っても、様々な種類があり、取り扱う物件に得意・不得意が存在しています。そのため、複数の不動産会社をめぐり、最も良い条件で契約できる会社を探すとよいでしょう。巡っていると、不動産会社のネットワークで良い物件を見つけることもできるかもしれません。

周辺業種もチェックする

賃貸オフィス選びでは周辺業種のチェックも必要です。同業他社が多ければ、競合することになりますが、関係業種が多ければ協力関係を築くこともできます。

中央区で賃貸オフィスを使用する場合、比較的駅に近い場所が多く、交通の便が良いことがメリットとして挙げられます。