Posted on

北海道の賃貸住宅の特徴とは?

北海道の気候といえば、やはりとっても寒くて降雪量も多いのが特徴ですよね。そのため、北海道の賃貸は他の地域と比べて複層ガラスの樹脂サッシなどと寒さ対策が完備されているのが特徴的です。更に、耐震性・耐火性に長けている住宅が多いです。また、寒冷地では冬はほとんど部屋干しを行うため、バルコニーの必要性がなく、バルコニー付きの住宅が少ない傾向があります。夏は、比較的涼しくエアコンが必要ない住宅が多く、エアコン設備がない賃貸住宅も多いです。エアコンの設備を検討している際には設備が可能かどうか確認しておきましょう。

設備以外で気にかけておきたいのが、プロパンガス会社の値段の差に気を付けておきましょう。北海道では、ガスストーブを用いることも多く、ガス料金も会社によって差が出てきます。北海道はガスの需要が多くあり、たくさんのガス会社が競合しています。賃貸探しをする前に各社のガス料金も把握しておくとよいでしょう。

家族構成と環境に合わせて収納と間取りを考えよう

北海道は、転勤や単身赴任用のワンルームマンションも多く見られます。特にバス通りや、都市部に多く見られます。更に無料駐輪場、無料駐車場完備の賃貸住宅も多くあります。最近では、電気自転車向けの無料充電スポット付きの住宅もあり、通勤・通学に便利です。ワンルームマンションだけではなく、ファミリー向けのハイツや中古家屋もあります。比較的築年数が浅いものから、レトロなものまで幅広く、ファミリー層に合わせた賃貸も多数です。3LDKの賃料相場も関東中枢地に比べると低いです。

室蘭の賃貸物件には、独身向けのものから家族向けのものまで幅広い種類があります。会社スタッフは賃貸を希望する方の話を聞いて、最適な物件を紹介しています。