Posted on

立地は家賃に大きく影響する

賃貸物件の家賃を決める要素として大きく影響するものの1つに立地がある。特に最寄り駅までの距離はとても重要で、いわゆる駅から徒歩5分以内の駅チカ物件というのは昔も今も大人気の物件で、それに伴って家賃も高めに設定されています。駅から近い物件の家賃がどうして高いのかというと、1つは駅から誓いと通勤や通学、さらには遠出をするのに便利だという点が1つ、そしてもう1つは駅の周辺というのはその町の中でも生活に必要な施設が集中する場所なので、毎日必要なものを買うのにも便利だという点です。

という事は、逆に駅からの距離に目をつぶれば掘り出し物の物件が見つかる可能性が高くなります。駅から徒歩10分以内と、駅から徒歩11分を超える距離とでは同じグレードの物件でも家賃が1万円近く変わる場合もあります。部屋のグレードを下げずに掘り出し物の物件を見つけたいという人は駅からの距離を遠く設定するのが最善の方法といえるでしょう。

あえて築年数の古い賃貸物件を選んでみよう

賃貸物件を借りる際には築年数も気になるところでしょう。築年数が新しい物件であればあるほど内装は綺麗ですし、設備も最新の物を導入しているので快適に生活できます。しかし掘り出し物を探したいのであればここはあえて新築物件は候補から外すようにしましょう。同じエリア内であっても、築年数が5年以内の物件と築年数が10年を超えた物件とでは家賃が大きく異なります。また築年数が古い物件であっても全面リノベーションを実施していれば室内は新築物件とそう変わりありません。こういった物件はとてもお特に住める物件です。

苫小牧の賃貸には敷金が低く設定されているものがたくさんあります。そのため安く借りたいと考えている方々に人気です。