Posted on

収納は動線に沿ってつくる

注文住宅で収納の設計をする際のポイントの一つが、動線に沿って収納を考えることです。主婦が買い物をして帰ってきたら、玄関の近くにあるクローゼットで上着を脱ぎ、キッチンのそばにあるパントリーに買い物をしてきた食材などを置きます。子どもたちや旦那さんも帰ってきたらクローゼットに上着やカバンを置きます。さらに洗面所に行って手を洗い、靴下やシャツなどを脱ぎ、部屋着に着替えればリビングに外で付着した汚れやホコリなどを持ち込まずにすむでしょう。リビングに行く前に、上着やカバン、買ってきた食材などを片付けられる収納場所を設置することで、リビングに余計なものを持ち込まずにすみます。

使いやすいカタチを考える

リビングに行くまでにどのような収納がどこに必要かを考えると同時に、どのくらいのサイズの収納が必要かも検討するとよいでしょう。玄関には靴箱のほか、子どもたちの遊び道具やベビーカー、アウトドア用品などを収納できる場所があると便利です。玄関もスッキリ片付くでしょう。収納するものは何か、どれくらいの量かを確認して適切なサイズの収納をつくりましょう。さらに、棚をつくる、仕切りをつくるなど使い勝手のよさも考慮することがポイント。できれば換気ができると湿気対策になります。照明もあった方がよいでしょう。また、収納には必ず扉が必要とは決まっていません。扉がない方が使いやすく、見た目も気にならないようであれば扉をなくしたり、カーテンを利用したりするのも選択肢の一つです。収納は使いやすいことも大切です。

福岡の注文住宅会社では、スロープの設置などバリアフリーの家屋も随時建設しています。そのため高齢の家族がいる方などに好評を博しています。