Posted on

立地面・費用面等の基本的なメリットを知ろう!

今、都心等を中心に狭小住宅の建設が進んでいるようです。この人気を支える主な要因となっているのが、立地面や費用面でのメリットがあります。まず、立地面のメリットは都心の駅近く等の利便性の高い所にも家を立てやすいという点です。そうした好条件のエリアには狭い土地しか残っていない場合も多くあります。そんな時でも、信頼できる狭小住宅対応業者なら十分に対応できます。また、狭い土地に建てるため土地代や材料費を抑えられるというのが費用面でのメリットです。特に、使用する材料が少なくて済むので、その分自然素材を多くする等して高性能住宅にするというケースも少なくありません。

税金面でのメリットも魅力です!

また、税金面でのメリットも狭小住宅の魅力の一つです。固定資産税や都市計画税において、狭小住宅は小規模住宅用地という区分になることがほとんどになります。通常の住宅用地と比べて課税標準額が小さくなり、支払う税金も少なくなるケースが一般的です。地域によってその減額幅は異なってくるので、自治体のホームページ等を確認してみましょう。

他にはないこだわりの家作りができる!

そして、最大のメリットともいえるのが、他にはない自分だけのこだわりの家作りができるという点になります。狭小住宅は家のフォルム自体はもちろん、内装にもこだわることに独創的な家になる可能性を秘めています。特に、狭小住宅は縦に高い傾向にあるためロフトや吹き抜け等の工夫がしやすく、自宅にいながら非日常を演出できる空間も作りやすいです。また、先述の通り土地代を節約できるため、家の材料を自然素材にこだわる以外にも、インテリアやキッチン等の設備面にとことんこだわることも可能です。

狭小住宅とは、約15坪以下の土地に建てられている家を指すのが一般的ですが、その最大のメリットは、利便性の高い都市部に住めるということです。